広島大学 先端物質科学研究科 半導体集積科学専攻 教授の藤島実氏の研究室は、無線周波数が275G~300GHzの、テラヘルツ波とも呼ばれる電磁波を5GHz幅ごとに32値QAM(直交振幅変調)で変調して1チャネルで17.5Gビット/秒の無線伝送が可能な送信ICの開発に成功した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!