米Broadcom社が2017年11月6日、Qualcomm社に総額1300億米ドル(約15兆円)での買収を提案した。実現すれば、半導体業界で過去最大の買収になる。買収額の大きさもさることながら、現在オランダNXP Semiconductor社の買収プロセスの最中にあるQualcomm社を、さらに買収しようとする大胆な動きに驚きの声が多く上がっている。

 近年、大型M&Aを繰り返し実施しているBroadcom社の業態は、日本ではあまり知られていない。このため、同社の買収案件に関しては、買収額の大きさだけが議論されることが多いく、結局、何を目指してBroadcom社が度重なるM&Aを進めているのか明確になっていない。単に大きな会社になれば規模に見合った競争力を手中にできるほど、半導体業界は単純ではないはずだ。Broadcom社が買収を繰り返す背景には、何らかのビジョンとそこに至るシナリオがあると思われる。

 今回のテクノ大喜利では、稀代の「買収王」、Hock E. Tan氏が率いるBroadcom社が、何を目指してQualcomm社の買収に挑んでいるのか、その可能性と波及効果を大胆に予想することを目的とした。今回、各回答者に聞いた質問は、以下の3つである。

【質問1】 Broadcom社がQualcomm社を欲しがる理由は何だと思われますか?
【質問2】 Broadcom社が注力する通信系半導体で、同社が支配的な地位を占めるための条件は何だと思われますか?
【質問3】日本企業は、世界の中での信頼回復に向けて何をすべきだと思われますか?

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表の通りだ。

[画像のクリックで拡大表示]
表1 テクノ大喜利「結局、ブロードコムは何がしたいのか」

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら