神戸製鋼所の品質検査データの改ざん、日産自動車やSUBARUなどでの完成車の無資格者検査など、日本企業による品質管理での不正が次々と明るみになった。そして、日本の製造業の品質に対する信頼が大きく揺らいでいる。

 その一方で、これら企業の製品は、「例えデータの改ざんや無資格検査があっても海外メーカー製品よりも高品質である」との声も聞かれる。世界の工業製品の中で、日本企業の製品は安価ではない。それでもビジネスが成立しているのは、ユーザーが過剰にも思える高品質を信頼していればこそである。

 今回のテクノ大喜利は、日本企業の品質管理の現状を改めて考え直し、今回のスキャンダルの波及効果を探ることを目的とした。今回、各回答者に聞いた質問は、以下の3つである。

【質問1】日本企業の品質管理の現場で、不正が常態化してしまう原因はどこにあると思われますか?
【質問2】一連の品質管理の不正による波及効果の中で、最も深刻だと思われることは何だと思われますか?
【質問3】日本企業は、世界の中での信頼回復に向けて何をすべきだと思われますか?

 3つの質問に対するそれぞれの識者による回答要旨は、以下の表の通りだ。

[画像のクリックで拡大表示]
表1 テクノ大喜利「『高品質立国ニッポン』は幻想か」

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら