パソコンとスマートフォンという、電機業界の中で一時代を築いた機器では、半導体メーカーと機器メーカーの関係によく似た変化が起きた。システム機能の1チップ化、チップセット化を推し進めることで、システム開発を半導体メーカーがリードしていくという変化である。これによって、高度なシステム構成技術がなくても、機器事業への新規参入が可能になり、市場での競争を活性化させ、パイの拡大をもたらした。その一方で、システム開発力を持つ機器メーカーは、強みを発揮できる余地がなくなり、市場から徐々に退場していった。

 こうした変化が起きるための必要条件が、特定の半導体メーカーによる市場の独占または寡占体制の確立である。

 IoTや人工知能(AI)関連のビジネスでは、まだシステム開発力に勝る企業が、機器やサービスの開発をリードする状況にある。今後、市場のパイを広げていくためには、パソコンやスマートフォンと同じことが起きる必要があるのかもしれない。Broadcom社によるQualcomm社の買収提案の意図を考える今回のテクノ大喜利、3人目の回答者はテカナリエの清水洋治氏である。同氏は、Broadcom社が目論むIoT関連ビジネス総取りが成功した場合、ユーザーである機器メーカーやサービスプロバイダーには何がもたらされるかを考察した。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
清水洋治(しみず ひろはる)
テカナリエ 代表取締役 技術コンサルタント
清水洋治(しみず ひろはる)  ルネサス エレクトロニクスなど半導体メーカーにて、1980年代から2015年まで約30年間にわたって半導体開発に従事した。さまざまな応用の中で求められる半導体について、豊富な知見を持っている。2015年から、半導体、基板、およびそれらを搭載する電気製品、工業製品、装置類などの調査・解析、修復・再生などを手掛けるテカナリエの代表取締役 上席アナリスト。
【質問1】Broadcom社がQualcomm社を欲しがる理由は何だと思われますか?
【回答】 All(IoT関連ビジネス総取り)に向けて加速
【質問2】Broadcom社が注力する通信系半導体で、同社が支配的な地位を占めるための条件は何だと思われますか?
【回答】標準化と継続
【質問3】買収が仮に成立したとして、機器メーカーや通信サービス・プロバイダーにはどのような影響が及ぶと思われますか?
【回答】システムのブラックボックス化

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら