すべてのデータの保存をNAND型フラッシュメモリーでまかなう「オールフラッシュ・ストレージ」の普及が、クラウド上のサーバーやストレージ機器へと広がってきた。

 かつてデータデンターなどで使われるストレージでは、大容量第一で蓄積媒体が選ばれていた。これが、仮想化環境の普及やビッグデータ解析の高速化を背景にして、ランダムアクセス性能が重要視されるようになった。そして、従来のHDDの性能改善が限界に達してきた今、にわかに注目が集まったのがオールフラッシュ・ストレージである。

 オールフラッシュ・ストレージの普及は、フラッシュメモリーの価格の低下に後押しされている。初期費用に運用中の電力料金や保守費用、スペース費、人件費、冷却費などを加算した総所有コスト(TCO)は、2016年にHDDに並び、その後も減少し続けるという予測が出ている。ストレージ機器のメーカーの中からは、「もはやHDDを使う理由はない」という声も出てきた。実際、ハイエンド機から導入が始まったオールフラッシュ・ストレージは、着実にローレンジの機種へと適応範囲を広げている。

 今回のテクノ大喜利では、情報システムの主要機能であるストレージで進行する技術の大変革が、半導体産業や情報システムを利用する産業に及ぼす影響を論じていただいた。各回答者への質問は、以下の3つである。

【質問1】オールフラッシュ化が進むことで、HDDは駆逐されるのでしょうか。

【質問2】オールフラッシュ化では、どのような強みを持つ企業が商機をつかむのでしょうか。

【質問3】オールフラッシュ化の急進展は、半導体ユーザーにどのように影響しますか。

表 テクノ大喜利「フラッシュはHDDを駆逐するか」回答者まとめ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら