NAND型フラッシュメモリーがHDDを駆逐するかという命題では、莫大な需要に応えるNANDフラッシュの生産体制と同時に、NANDフラッシュの技術が今後も進化し続けることが重要になる。暗黙に、NANDフラッシュは今後も進化し続けると思い込んでいるが、本当だろうか。

 今回は、慶応義塾大学の田口眞男氏が、NANDフラッシュ技術の方向性を再検討し、今後もビットコストの低減が進むのか検証した。Mooreの法則の継続が危ぶまれていても、それを補う3次元構造の効果を信じる向きもあるが、これについても考察する。(記事構成は伊藤元昭)

田口 眞男(たぐち まさお)
慶應義塾大学 訪問教授
1976年に富士通研究所に入社とともに半導体デバイスの研究に従事、特に新型DRAMセルの開発でフィン型のキャパシタ、改良トレンチ型セルの開発など業界で先駆的な役割を果した。1988年から富士通で先端DRAMの開発・設計に従事。高速入出力回路や電源回路などアナログ系の回路を手掛ける。DDR DRAMのインターフェース標準仕様であるSSTLの推進者であり、命名者でもある。2003年、富士通・AMDによる合弁会社FASL LLCのChief Scientistとなり米国開発チームを率いてReRAM(抵抗変化型メモリー)技術の開発に従事。2007年からSpansion Japan代表取締役社長、2009年には会社更生のため経営者管財人を拝受。エルピーダメモリ技術顧問を経て2011年10月より慶應義塾大学特任教授、2016年4月からは同大学 訪問教授と共に、技術開発とコンサルティングを請け負うMTElectroResearchを主宰。
【質問1】オールフラッシュ化が進むことで、HDDは駆逐されるのでしょうか。
【回答】 HDDが駆逐されることはないだろう
【質問2】オールフラッシュ化では、どのような強みを持つ企業が商機をつかむのでしょうか。
【回答】 FinTechを駆使する企業
【質問3】オールフラッシュ化の急進展は、半導体ユーザーにどのように影響しますか。
【回答】格差拡大が進む

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら