設備投資や直接事業に携わる人材の人件費に比べて、情報投資はいつの世も軽視されがちだ。しかし実際には、情報投資の重要性は、他の投資項目よりもはるかに高い。的を外した設備投資や人員配置は、百害あって一利なしである。孫子の用間篇の中に次のような言葉がある。「爵禄百金を愛みて、敵の情を知らざる者は、不仁の至りなり」。現代語訳すれば、「情報収集への投資を惜しんで、敵の動きをつかもうとしない者は、指揮官失格である」となろうか。情報戦と、それに向けた惜しみない投資の重要性を説いた一節である。実際、歴史の中で語られる勝者は、いつも情報投資に寛容だった。

 今回の回答者であるIHSテクノロジーの大山 聡氏は、ソフトバンクが投じた約3.3兆円という莫大な投資の価値を、情報投資という側面から論じた。M&Aの投資価値は、現在の事業の業績や保有している資産を基に論じることが多い。しかし、これから長く続くIoT市場での戦いを有利に進めるための橋頭堡を築くための投資では、こうした指標で妥当性を判断することはできないのではないか。(記事構成は伊藤元昭)

大山 聡(おおやま さとる)
IHSテクノロジー 主席アナリスト

1985年東京エレクトロン入社。1996年から2004年までABNアムロ証券、リーマンブラザーズ証券などで産業エレクトロニクス分野のアナリストを務めた後、富士通に転職、半導体部門の経営戦略に従事。2010年より現職で、二次電池をはじめとしたエレクトロニクス分野全般の調査・分析を担当。

【質問1】ソフトバンクは、IoTに関連する業種、企業が数ある中で、なぜ半導体業界のARMを買収したいと思ったのでしょうか。
【回答】単なる通信キャリアでは、IoT市場で付加価値(利益)を追求しにくい、と考えたのではないか

【質問2】ソフトバンクがARMを買収することで、最も影響を受ける企業はどこでしょうか。
【回答】直接影響を受ける企業はなさそうだが、同業他社の通信キャリア各社は相対的に伸び悩む可能性がある

【質問3】ソフトバンクによるARMの買収は、半導体業界にとって幸せな結果をもたらすのでしょうか。
【回答】今回の買収が直接の原因ではないが、アナログIC分野での競合が激化する可能性がある

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら