ここ数年、半導体業界で次々と起きていたM&Aは、ついに業界の枠を超えた企業を巻き込む動きへと発展している。また、技術面では、Mooreの法則やノイマン型コンピューターなど長年にわたって電子業界の進化・発展を支えてきた基軸技術に替わる、新機軸の技術が重要な役割を担い始めた。さらに、中国企業の中から単なる後追いとは一線を画す製品やサービスを提供する力を持った企業が登場し、その一方で斬新な技術やサービスを打ち出すベンチャー企業が国内外で続々と登場している。

 激動の2017年を予感させる兆しは枚挙にいとまがない。そこで今回の大喜利は、「トピックス」「技術」「企業」という3つの側面から、大喜利の回答者それぞれが2017年に注目することを挙げていただいた。最初の回答者は、野村證券の和田木哲哉氏である。現在、歴史的な活況の中にある半導体製造装置業界を中心に、2017年の見通しを披露する。
(記事構成は、伊藤元昭=エンライト)

和田木 哲哉(わだき てつや)
野村證券 グローバル・リサーチ本部 エクイティ・リサーチ部 エレクトロニクス・チーム マネージング・ディレクター
 1991年東京エレクトロンを経て、2000年に野村證券入社。アナリストとして精密機械・半導体製造装置セクター担当。2010年にInstitutional Investor誌 アナリストランキング1位、2011年 日経ヴェリタス人気アナリストランキング 精密半導体製造装置セクター 1位。著書に「爆発する太陽電池産業」(東洋経済)、「徹底解析半導体製造装置産業」(工業調査会)など

【質問1】2017年に、最も注目しているトピックスは何ですか。
【回答】未体験の景気沸騰

【質問2】2017年に、最も注目している技術は何ですか。
【回答】オールフラッシュ・アレイのコントローラー

【質問3】2017年に、最も注目している企業はどこですか。
【回答】半導体製造装置メーカーでは日立国際電気、SCREEN、アドバンテスト、ディスコなど。その他、経営者ではサンディスクの小池社長

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら