シリコンバレーで「デザイン思考」を実践するのは、テクノロジー企業の従業員だけでない。実はシリコンバレーの高校生もデザイン思考を実践している。「Design Tech (d.Tech) High School」のことだ。

 デザイン思考とは、シリコンバレーのテクノロジー企業の多くが実践するサービスや製品開発の方法論だ。デザイン会社の米IDEOや、IDEOと深い関係のあるスタンフォード大学「d.school」が定式化したもので、ユーザーの観察を通してニーズを認識し、サービスや製品のアイデアを発案し、プロトタイプを作ってはユーザーからフィードバックを元にそれを作り直すというサイクルを何度も素早く繰り返すことで、製品やサービスをより良いものにしていく。

 スタンフォード大学のd.schoolでは、学生が発展途上国向けのIT製品などを考案するのにデザイン思考を使っている。そしてデザイン思考は、アイデアを生むための科学的な方法として、今ではシリコンバレー企業にとどまらず、米IBMや欧州SAPなど伝統的なエンタープライズIT企業にも広がっている。

 高校生がデザイン思考を実践するd.Tech High Schoolがどのような学校なのかを説明しよう。

プロジェクトベース学習を突き詰めた学校

 もともとアメリカの学校では「プロジェクトベース学習(project-based learning)」といって、現実世界にある問題を取り上げながら学習する取り組みがよく行われている。例えば近隣の公園が荒廃しているという問題を取り上げ、その問題を解決するために地元の自治体の財務状況を調べたり、公園にやってくる人々の傾向を調査したり、公園で育てられそうな植物を見つけてきたり、清掃のボランティアを募るための計画を立てたりといったことを学校教育の一環として行う。生徒は実社会の問題を調べたり検討したりする中で、経済、社会、生物などの学習をしていくのだ。

 d.Tech High Schoolは、プロジェクトベース学習を究極にまで進めたような学校だ。現実社会の問題解決を基本に、生徒個々人に合わせて教育を最大限パーソナライズし、知識を行動に移せる卒業生を育成するのを目的としているという。

写真1●d.Tech High Schoolの新校舎完成予想図
出典:d.Tech High School
[画像のクリックで拡大表示]

 実は、同校は2017年、シリコンバレーにある米Oracleの本社キャンパス内に移転する予定で、現在建設が進んでいる(写真1)。企業の中に高校ができるとは日本では考えられないことだが、オラクル教育財団(OEF)が優秀な若い人材を育てたいという目標と、d.Tech High Schoolのアプローチが一致し、Oracleが土地を提供。既に社員も同校の高校生のワークショップにボランティアとして参加している。

 筆者もそのワークショップを見学する機会があった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!