日産自動車が2020年以降の実用化を目指す自動運転実験車の公道試験を開始した。「Infiniti Q50(日本名:スカイライン)」をベースとした実験車で、自動運転技術「ProPILOT(プロパイロット)」の新世代版を搭載する。カー・ナビゲーション・システムを設定すると目的地まで、一般道と高速道路を含むルートを自動運転で走行する。

[画像のクリックで拡大表示]

 2017年11月初旬、実験車に試乗した。搭載する車載カメラは室内やルーフなどに12基。室内ミラー付近にある3眼カメラはイスラエルMobileyeの画像認識技術を使う。現在は130万画素を実現するために3眼としているが、将来、カメラ単体の画素数が上がれば単眼での対応もありえるという。

[画像のクリックで拡大表示]

 またレーザースキャナーは車両の四隅とフロントバンパーとリアパンバーで計6基ある。77GHz帯のミリ波レーダーは、フロントバンパー内部に長距離用(約150m対応)2基、リアバンパー内に長距離用が1基、さらに車体の両サイドそれぞれ中距離用(約70m対応)がある。この他、超音波センサーが12基で、センサーは合計39基を装備している。

 走行ルートは、東京都江東区の豊洲埠頭のビル建設現場近くを起点に、一般道路を経て首都高速湾岸線に入り、同中央環状線(C2)に通り、船堀橋インターで降りて一般道路をUターンして再び船堀橋インターから首都高速に入線して、豊洲埠頭の起点まで戻る約20㎞だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 同乗した日産自動車の電子技術・システム技術開発本部/AD&ADAS先行技術開発部 戦略企画グループ部長の飯島徹也氏は「(現在の要素技術では)一般道はこれくらいのセンサーがないと難しい」と指摘した。なお、今回の実験車両の自動運転レベルはSAEのレベル2に相当するという。

 豊洲埠頭の起点で、自動運転モードを選択すると、車載器から「どちらへお出かけですか?」と音声が流れ、カーナビの画面でプリセットしたルート選択を行い、車両が自動的に動き出した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら