みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 先週の三連休は、東京・城南地区在住のトライアスロン仲間と、バスを仕立てて千葉・館山に昭和スタイルの海水浴に行ってきました。

本業は歯科医ですが、船舶やら大型免許やらを持つ資格マニアの久保選手がハンドルを握り、一路館山へ。連休の中日は行きも帰りも近来稀に見る大渋滞で、何と往復で9時間近くかかりました。プライベートジェットなら米西海岸まで飛べる時間です。運転お疲れ様でした。

 しかし東京湾アクアラインは(空いていれば)本当に便利ですね。トンネルを抜ければ、(もし空いていれば)アッという間に館山です。(奇跡的に空いていれば)東京からほんの少しのドライブで、ここまで美しい海が楽しめるのですから堪りません。

 それにしても混雑が酷い。そろそろ通行料金を見直す時期に来ているのかも知れません。

プライベートビーチ(と呼べるくらいにエクスクルーシブな海岸)で午前中からアワなんぞを喰らいまして、素敵な時間を過ごしました。

 今回のコンセプトは「昭和スタイルの海水浴を再現しよう」でありまして、スイカ割りをやり、往復のバスと貸し切りの会場では常時昭和の歌謡曲を流したりしました。古い歌は長い間歌わなくてもスッと歌詞が出てくるものです。これで家族麻雀でもやったら完璧でした。昔は海岸で麻雀する人をよく見かけましたよね。

昭和世代の海水浴らしく、スイカ割りもやりました。けっこう当たるものです。
城南互助会(年を取ったらみんなで助けあおうね、の意を込めた会)の面々と。 お利口さんの子供たちは炸裂するオヤジトークと長い渋滞にも良く耐えました。

 で、こちらは都内某所でインテル勉強会。インテルと申しましても、デバイスメーカーのアレではなく、ソッチ系のことであります。参加者の所属先はもちろんのこと、陸自の山崎閣下以外は顔も出せないという極秘の会。いやぁ、世の中大変なことになっております。アメリカさんには敵いませんなぁホンマ。

こんなモザイクだらけでは、殆ど撮影する意味が無いのですが、これだけのメンツが揃うことは滅多に無いので。一応押さえておきました。

 さてさて、それではボチボチ本編へと参りましょうか。

 日本一売れている乗用車、4代目プリウスの開発責任者、豊島浩二さんのロングインタビュー第2弾です。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!