本連載で以前にも書いたことがあるが、筆者はカナダBlackBerry社のスマートフォン(スマホ)「BlackBerry Passport」を愛用している(関連記事)。BlackBerryといえば一昔前に一世を風靡(び)したブランドというのが一般的な印象だろうが、別段、目立つために人と違うものを使っているわけではない。「ポチポチ」と勝手に呼んでいるBlackBerryの物理キーボードが好きなのだ。

 筆者はタッチパネルとの相性がイマイチで、物理キーボードの方がはるかに速くタイプできる。今回はiPhoneが日本を席巻する中で、筆者が現在のBlackBerryに巡り合うまでのいきさつと、愛するBlackBerry Passportの中身を紹介したい。なお、分解したBlackBerry Passportは、画面が損傷したものを安価に入手した。筆者の愛用機とは別モノなのでご安心いただきたい。

BlackBerry Passportの外観
[画像のクリックで拡大表示]
本体裏に記載されたID番号
SIMフリー(Unlocked)端末である

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!