オープンソースのモバイルOSとして一時話題になった「Tizen(タイゼン)」。省電力性能に優れているという特徴を生かして、スマートウオッチではいくつかの製品に搭載されている。

 だが、スマートフォン(スマホ)では、何といっても利用可能なアプリの数がモノを言う。ポッと出のOSでは、iOSやAndroidといった既存OSに到底太刀打ちできない。そこで韓国Samsung Electronics社は、世界初のTizen搭載スマホ「Samsung Z1」のマーケットとして、スマホが普及途上にあるインドを選択した。今回はこのSamsung Z1を紹介する。

Samsung Z1の外観
Samsung Z1の外観
Samsungの躍進を支えてきたGalaxyシリーズの筐体を流用する。リソースは有効にリサイクルされている
[画像のクリックで拡大表示]
内側に記載された情報
内側に記載された情報

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!