スマートフォンに限らず、様々な電子部品の集合体である電子機器には大抵「タイミングデバイス」が搭載されている。役割は大きく分けて2つある。1つは時計機能。もう1つは通信時などの周波数の「基準信号」となるクロックの発振である。水晶ベースのものが多く、日本製が世界シェアの半分近くを占めている。とはいっても製品を普通に使っているユーザーには、なかなかその効能が見えにくい。

 今回は、インターネットバンキングなどで多用されるようになったワンタイムパスワード用トークンを分解しながら、タイミングデバイスの重要性を説明したい。分解するトークンは、米RSA Security社の「RSA SecurID SID700」である。

RSA SecurID SID700の外観とシリアル番号の刻印(右上)
裏側には1個ずつ異なるシリアル番号が刻印されている。トークンが届くと、まずシリアル番号を登録する必要がある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら