ホンダの「フリード」が、全面改良をして2世代目となった。これまでの「フリード・スパイク」は車名を変更し、「フリード+(プラス)」としてのモデルチェンジである。「ちょうどいい」の言葉で特徴を示した初代同様、フリードおよびフリード+は、5ナンバーの小型ミニバンとして進化させている。

 パワートレーンは、排気量1.5Lの直噴ガソリンエンジンとCVT(無段変速機)の組み合わせと、1.5Lアトキンソンエンジンとモーター内蔵の7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)によるハイブリッドの2種類である。そして今回は、フリードでガソリンエンジン車、フリード+でハイブリッド車の試乗となった。どちらもFF(前部エンジン・前輪駆動)車である。

全体的に上質さが増し、快適さも大幅に改善された新型フリード
[画像のクリックで拡大表示]
1.5Lガソリンエンジン+CVTのパワートレーンは、活気ある走りをもたらした
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!