フランスPeugeot社の新型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「3008」は、「308」で採用した新プラットフォームを使うほか、ステアリングホイールの上からメーターを見通す「i-Cockpit」などを採り入れた。2017年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーも受賞した。

 競合車種と考えられるのは、Volkswagen社のTiguanやAudi社のQ3あたりといえるだろう。新型3008は、前型に比べ全長以外はそれほど大きさを変えていないが、見た目の印象は、より勢いのある壮快さを覚えさせ、魅力的に映った。

 今回試乗したのは3008 GT Line DEBUT EDITIONで、エンジンは、排気量1.6L直列4気筒ガソリン直噴ターボである。変速機は、6速ATが組み合わせる。そして駆動方式は前輪駆動のみで、4輪駆動の設定はない。

前型に比べ精悍な外観となり魅力的な見栄えを備えた新型3008
[画像のクリックで拡大表示]
排気量わずか1.6Lながら直噴ガソリンターボエンジンは6速ATとの組み合わせで、山道を気持ちよく加速した
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!