日本で開催されるエレクトロニクス関連の展示会の中で、「毎年規模が大きくなっている」と驚かされるのが、毎年1月に開催される「インターネプコン ジャパン」です。他のエレクトロニクス関連の展示会を訪れると、たいてい「盛り上がりは今ひとつ」と感じる中で、インターネプコンだけは違います。今年は1月17日から3日間、東京ビッグサイトで開催されました(図1)。

図1 長い行列ができたインターネプコンの受付
[画像のクリックで拡大表示]

 毎年規模が大きくなっているといっても、昔ながらのエレクトロニクス製造・実装技術に関する展示エリアはほんの一部であり(インターネプコン ジャパンは正確にはこの部分)、規模が拡大しているのは関連する多くの併設イベントです。特に自動車関連の展示エリアは非常に大きく、全体の半分近くを占めています。その他にロボット、スマート工場、ウエアラブルなどの新しいテーマのイベントが加えられ、展示会全体としての規模は膨れ上がっています。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら