お薦めトピック

脳波計の固定概念を覆す、検査からモニタリングへ

2019/01/04 07:00
久保田 博南=ケイ・アンド・ケイジャパン 代表取締役社長(医工連携推進機構 理事)

 脳波計といえば「脳波を連続測定する検査機器」という概念が付きまとう。しかし最近、固定観念を覆す新たな機種が登場した。今回は脳波というパラメータに対して、新しい切り口で脳機能の診断が可能になった装置について紹介する。

脳波から読み取れる情報に変化が

 脳波を初めて測定してから90年程度の時間が経過した。これまで脳波測定といえば、「多チャンネルの誘導により」「脳波を長時間にわたって単純に測定し」「実時間で記録する」というのが、基本的な診断法の定番だった。

 ペーパレス化によって記録媒体を経由し、短時間で自動診断可能な装置の実用化などが進んでいる。しかし、膨大な脳波の生データから異常波を見つけ出す手法について、大きな変化があったわけではない。

 それが最近になって、脳波記録法の中でも「aEEG」(Amplitude integrated EEG:振幅圧縮脳波)と呼ばれる手法が開発された。しかも新生児の脳波診断などに有効なことが分かってきた。これまでの脳波の周波数成分を主体とした解析に対し、それぞれの周波数帯の振幅や時間変化に注目が拡張され出した。

 注目すべき点は、これまで実時間としてモニタリングされてきた脳波パターンを、時間圧縮によって統合的に観察する手法である。一次パラメータとしての実時間脳波という点では同じだが、時間圧縮した波形を俯瞰的に眺めることによって、例えば潜在的な「背景脳波」と呼ばれる分野などにも光を当てることができる。

 これまでの突発的な異常波だけに注目されてきた状況から変化が出てきた。特に未熟児の潜在的なてんかんの検出が可能なことが明らかになっている。従来からの実時間モニタリングでは不可能な、予測的な診断による治療が行えるようになる意義は大きいだろう。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング