小規模システムは落札平均値に連動

 このクリアリング価格を基にサイズが1MW以下のシステムの買取価格が下表のように多段階で決まる。具体的には、25kW未満のシステムの買取価格はクリアリング価格の2倍で、250kW以上500kWまでのシステムはクリアリング価格の25%増しとなっている(図3)。

図3●クリアリング価格を基に小規模システムほど高めになる仕組み
(出所:筆者作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、第1回目の入札で決定されるクリアリング価格が、仮に15セント/kWhの場合、25kW未満のシステムの買取価格はクリアリング価格の30セント/kWhで、250kW以上500kWのシステムはクリアリング価格・16.5セント/kWhとなっている(図4)。

図4●クリアリング価格が15セント/kWhだった場合の買取価格
(出所:筆者作成)
[画像のクリックで拡大表示]