人工知能(AI)技術の発展が目覚ましい。台湾でも人気の研究テーマとなっており、有名企業はAI活用に全力を挙げて取り組んでいる。本稿では、台湾の公的研究機関であるITRI IEKが考える、AIのさらなる進化や産業応用のポイントについて述べる。

ブレークスルーが起こった

 AIは新しい分野ではなく、既存の技術、ツールである。AIが飛躍的な発展を遂げたのは、「アルゴリズム」「ビッグデータ」「演算能力」の3要素にブレークスルーが起きたためだ。特にアルゴリズムが「ディープランニング」と「ニューラルネットワーク」により大きく発展したことで、AIの能力は幾つかの分野で人間と同等か、もしくは人間を上回るまでに向上した。

 AIには3つの能力が含まれている。第1は、感知(Sensing)する能力である。人間のように文字が読める、画像を見て分かる、人間の言葉を聞いて分かるというのが、これに当たるsing)能力である。第2は、理解(Understanding)する能力である。内容を解釈できる、因果関係を連結できる、背後の理由が分かるという能力である。第3は、推論(Reasoning)する能力である。一定量のデータが蓄積された後、類似の課題に直面した時に、論理的推論と仮説検証ができる能力だ。

 これらの3つの異なる能力がつながり、感知、理解、推論を一気通貫で実現できるようになったのは、クラウドコンピューティングにおける演算能力の高速化のおかげである。また、巨大で複雑なビッグデータを学習に使えるようになったことも、AIの発展と活用に大きく貢献している(図1)。

図1 AIの共通フレームワーク
出所:ITRIが各種資料を基に作成(2017年5月)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら