記事一覧

スポーツ×テクノロジー最前線

センシングと発電するシート、スポーツやリハビリに

2016/11/11 00:00

三宅 常之

出典: 日経テクノロジーオンライン、2016年8月25日
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 衣服にシートを目立たないように縫い付け、体の動きを無線で送る。電池は不要で体の動きによって発電する。そんなソーシャルデバイスを開発しているニュージーランドStretchSense社の創業者にセンサーと応用の可能性を聞いた。

Benjamin O'Brien氏

 StretchSense社は2012年に設立された若い企業だ。開発したセンサーは、既に28カ国の200の顧客が購入し、実用に向けた試作に取り組んでいる。日本市場では、「ZOZOTOWN」を運営する衣服のインターネット通販大手が2016年6月に出資、StretchSense社のセンサー技術を革新的な事業に生かしていくという。

 同社の創業者でCEOのBenjamin O’Brien氏は、センサーの幅広い応用の可能性に期待している。「体の動きを把握した上でのスポーツのトレーニングやリモートコーチング、リハビリなどがある。VR(仮想現実感)分野では人の動きに反応するアバターを使った会議や手術なども考えられる」(同氏)。

開発したセンサー

日経テクノロジーオンラインSpecial