トランジスタは真空管を置き換えるべく開発された──これが通説である。しかし開発の初期段階には、もう1つ目的があった。それは電話交換機のなかの金属接点スイッチ、これを無接点の電子デバイスで置き換えることである。

 ところがトランジスタ開発は「真空管に代わる別の何か」を実現する物語として語られてきた。第2の「金属接点スイッチを無接点の電子デバイスで置き換える」目的はどうなったのか。

 実はトランジスタが実現しても、金属接点スイッチは、なくならなかったのである。だから「金属接点スイッチを無接点の電子デバイスで置き換える」話は、トランジスタのサクセスストーリーとしては、成立しない。これに対して「真空管に代わる別の何か」としては、トランジスタは優秀だった。トランジスタは着実に真空管を置き換えていく。

 歴史は勝者によって書かれる。トランジスタ開発は、後で起こった現実に合わせ、美しい物語として語られてきたのではなかったか。そこで本稿では、トランジスタが真空管を置き換えた成功物語だけでなく、金属接点スイッチを置き換えられなかった物語、すなわちトランジスタの「アナザーストーリー」を語ってみたい。

 もちろんトランジスタは巨大なイノベーションである。半導体産業はトランジスタによって起こった。その後の集積回路においてもトランジスタは主役である。集積回路内のトランジスタまで含めて考えれば、20世紀後半から21世紀の現在に至るまで、ほとんどありとあらゆる産業に、トランジスタは影響を与え続けている。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら