21世紀の現在、インターネットは社会基盤(インフラストラクチャー)として定着している。私たちの暮らしは、もはやインターネットなしには成り立たなくなってしまった。インターネットが特大のイノベーションであることは間違いない。インターネットが形成されたプロセス、それは大きなイノベーションが創出された過程にほかならない。

 けれども、インターネットの形成過程を述べることは、ことのほか難しい。例えば、イノベーションには「差異」の創出と、その差異の「市場への媒介」が不可欠だ(本連載第2回参照)。しかし、インターネットの場合「差異」がいくつもある。長い時間の間に、たくさんの重要な「差異」が寄り集まり積み重なってインターネットを作りあげた。

 もう1つの「市場への媒介」、これにもインターネットは間違いなく成功したのだ。なにしろインターネットというインフラストラクチャーの上で、数限りない経済活動が行われているのだから。しかし、何がどうなったときに「市場への媒介」が成ったとするか。

 インターネットの場合、たくさんの流れが合流したり分岐したりしながら、長い時間をかけて大河となった。この流れを誰がどう書いても、群盲象をなでることになる。それでもなお、私も群盲の1人として、象をなでることに挑んでみることにする。

 なお、インターネットの形成過程を、この連載の1回分で述べることは困難である。連載3回分を費やすことをお許しいただきたい。

未来の図書館

 『未来の図書館(Libraries of the Future)』と題する本がある。発行は1965年、著者はリックライダー(Joseph Carl Robnett Licklider)である[Licklider、1965]。その未来の図書館には、そこここに情報検索端末が置いてある。端末はネットワークにつながり、ネットワークには膨大な知識が貯蔵されている[喜多、2003、pp.103-106]。

 この未来の図書館は、ほとんどそのまま、現在のインターネット環境だ。私自身、インターネットを図書館として活用している。著者のリックライダーが想定した「未来」は2000年である。2000年時点でのインターネット環境を考えると、著者の未来構想は実現したといえよう。

 となると、『未来の図書館』を実現するプロセスとしてインターネットの形成過程を描く、という試みが可能になる。とりあえず私は、これを手がかりにインターネットについて書いていくことにする。

 『未来の図書館』の著者リックライダーは心理音響学者である。しかし、コンピューターの面白さにとりつかれてしまう。1960年には「人間とコンピューターの共生」という論文を書く[Licklider, 1960]。そして、インターネットの構築に大きな役割を果たす。

 未来の図書館の情報検索端末は一種の対話型コンピューターである。対話型コンピューターが巨大ネットワークにつながっている状態、これが1965年時点での未来の図書館であり、現在のインターネット環境だ。インターネットの源流の1つは対話型コンピューターから流れ出す。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら