“遠隔介護”の時代へ(page 2)

2018年度同時改定でテレビ電話・テレビ会議が解禁

2018/05/08 10:00
山本 拓真=カナミックネットワーク 代表取締役社長

「医療+介護+IT」のパッケージで海外展開を

 このようなICTを活用した遠隔による医療・介護は、やっとテレビ会議システムやクラウドの活用が始まったところだ。他の産業でのIT活用に比べればまだまだ遅れていると見えるだろう。遠隔医療(診療)も遠隔介護も初歩的な解禁がなされたにすぎず、これからもっともっと現場で実証を繰り返して現場で使える仕組みを増やしていかないといけない。

 こうした中、カナミックネットワークは国立大学法人旭川医科大学に「遠隔医療・介護共同研究講座」を2018年4月に設置した(関連記事)。遠隔医療で25年以上の実績を有し、遠隔医療センターが学内にある旭川医科大学と、遠隔医療や遠隔介護領域でのICTやIoT活用の実証実験を始める。テレビ会議だけではなく、さまざまな技術やセンサーを活用して、遠隔での手術支援や治療支援、見守りなどを実現するための研究を始める。

 まだまだ風穴が開いたばかりの医療・介護業界のICT活用だが、現場で研究を繰り返していくことで世界に先駆けた遠隔医療・介護のパッケージ化の実現が可能だと思う。政府もアジア健康構想などで「日本式介護」の海外輸出を目指しているが、やはり医療なき介護はないと考えられるため、「医療+介護+IT」の3つをパッケージにすることで海外展開をしていく形がよりよいのではないかと考える。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング