「ロボット介護」の世界発信を

 今回の同時改定では見守り機器だけが評価された状況の介護ロボットの活用だが、前述した未来投資会議の資料にあるように、実際には多様な場面での介護ロボットの活用が想定されている。今後の技術開発や現場での実証により、介護の現場で介護ロボットが活用されるシーンはより増えていくはずだ。

 ITベンダーやロボットベンダーは、これからの日本の少子高齢化に向けて、ぜひ大いに投資を行っていただきたい。日本における「ロボット介護」という姿を成功させて、超高齢社会世界一の日本が率先して世界に情報発信していくべきであると思う。