経産省と厚労省、一方では扱いきれなかった課題に挑む