ここ最近、にわかに注目を集め始めた「電磁パルス攻撃」。一瞬にして日本全体の電子機器が破壊され、送電・通信・輸送といった各種インフラが停止する――そんな脅威論が広まる中、実際にどのような被害が起こると想定されるのか、またどういった対策があり得るのか、シリーズで探る。第1弾ではまず、EMP爆弾とはどんなものか、専門家に概要を解説してもらった。

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が、2017年9月3日に強行した核実験に際して、北朝鮮国営の朝鮮中央通信は、金正恩朝鮮労働党委員長が新たに製造された大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載可能な水爆の視察を行ったと報じた。あわせて、核弾頭は電磁パルス(EMP)攻撃が可能な多機能弾頭であると報じられ、関係諸国では警戒を高めている。急激に関心が高まった「EMP爆弾」とはそもそもどういった兵器なのだろうか?

 EMP爆弾と呼称する兵器には、幾つかあるが、一般的には以下のものを指す。


  • 電磁パルスを発生させる機構を備えた爆弾もしくは装置
  • 核兵器の高高度核爆発によるEMP発生

 EMP (電磁パルス)攻撃とは、例えるなら巨大な雷を瞬間的に広範囲に発生させるようなものだ。それにより、瞬間的な高電流、高電圧が発生し、想定外の過大な入力に耐えきれない機器が故障するとされる。具体例としては、変電所などの変圧器が焼損することで広範囲の停電が起きる。銀行のオンラインシステムなどがダウンするなど、日常生活に差し障る障害が長期にわたって起こる恐れがある。

 純粋な電磁パルス発生装置(搭載爆弾)は、効果範囲も限定的で一般人への影響は少ないと推察される。ここ最近、EMP爆弾の脅威が叫ばれているのは、高高度核爆発によるものであろう。

 高高度核爆発は、高度40kmからおよそ400kmの高層大気圏における核爆発のことを指す。この場合にEMPを発生する仕組みは以下のようになる。まず、核兵器を爆発させた際の核分裂において、10ps(10のマイナス11乗秒)以内にγ線が発生する。このγ線が大気層(20km~40km付近)の希薄な空気分子に衝突して電子を叩き出す(コンプトン効果)。放出された電子は地球磁場の磁力線に沿って螺旋状に跳び、強力な電磁パルスを発生させる。

核兵器の高高度核爆発による電磁パルス(EMP)発生。
[画像のクリックで拡大表示]

 高高度核爆発によって生じた電磁パルスは、電界強度が50kV/m以上(日本の送電線下の規制値は3kV/m)、周波数範囲は直流~数10MHzにまで及ぶため、対象エリアの電子機器を“麻痺”させるとされる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら