スマートウオッチ(コネクテッドウオッチ)とその関連サービスを生み出した実績を持つ野々上 仁氏(ヴェルト 代表取締役 CEO)と、研究開発戦略などのコンサルティングを手掛け製造業の未来に関する著作も多い川口盛之助氏(盛之助 代表取締役社長)による対談の後編。前編では、ウエアラブルの行き着く先が「脳直結である」という話題で盛り上がった。

 後編のテーマは、IoTの世界における日本の立ち位置だ。情報プラットフォームを独占しつつある米国、巧みなブランディングで生き残りを図る欧州、そして猛烈な追い上げを見せるアジアに対して、日本の戦い方を両氏が語った(進行・構成は高野 敦=日経 xTECH/日経エレクトロニクス)

川口盛之助(かわぐち・もりのすけ)
慶應義塾大学工学部卒、イリノイ大学修士課程修了。技術とイノベーションの育成に関するエキスパート。技術開発戦略を文化的背景と体系的に紐付けたユニークな方法論を展開する。戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトルにおいて、アソシエート・ディレクターを務めた後に株式会社盛之助を設立。国内のみならずアジアや中東の各国の政府機関からの招聘を受け各種コンサルティングを行う。日経BP社 日経BP総研 未来研究所アドバイザーも務める。(写真:加藤 康)

川口 IoTが行きつく先が「脳直結」、つまりInternet of Brainになるとして、受け手が脳の世界というのは、IoTとはかなり違ってきます。私は、人間宇宙と自然宇宙というぐらい、人間が持つ宇宙というのは大きいと思います。人間宇宙と自然宇宙は、心理の世界と物理の世界と言い換えてもいいかもしれません。

 だからそういう意味では、IoTで物の方ばかりいくのではなくて、「なぜ私がここにいるのか」という心理の方にアクセスするために、端末が身体に肉薄していくのは必然だと思うわけです。やっぱり身体に近いところで、たくさんバイタルデータを取りたいですから。

 私もこの種のプロジェクトを山ほど手掛けて、そのたびに井上君なんかにもよく言っていたのですが、外の情報を捉えて利便性を提供する眼鏡というのは、かけ続けるための要件としてはまだちょっと弱いんですよね。便利なものをどれだけ提供されても、もっと軽くて普通の眼鏡の方がたくさん売れているので。眼鏡はそれこそコンマ数グラムの違いでかけ心地なんかも全然変わってくるのに、センサーをちょっと載せただけで圧倒的に重くなりますから。

* ジンズにおいて眼鏡型ウエアラブルデバイス「JINS MEME」の開発を指揮する井上一鷹氏。かつて、川口氏と井上氏はアーサー・D・リトルで一緒に働いていた。

野々上 そうですね。重くなるだけではなく大きくなりますし、デザインにも影響が出ます。

川口 身に着けてもらう、身体に貼り付くというのはやっぱりそう甘くない。それを上回る唯一の動機となり得るのが、「長生き」と「モテ」ということで(関連記事)。アクセサリーなんかをわざわざ身に着けるのも、モテるためにやっているわけですから。これらは、利便性なんかよりも圧倒的にポテンシャルが高い欲望です。

野々上 私も時計の世界に入って、いろいろと不思議なことがあったのですが、その1つが「重い方が高級な時計」だと思っている人が多いんです。