リンカーズ 執行役員 大阪支店長 大阪営業部の北中萌恵氏。
[画像のクリックで拡大表示]

  リンカーズで、執行役員と大阪支店長を務める北中萌恵氏が綴る関西ものづくりの現状についてのブログ風コラム(リンカーズについてはこちらを参照)。今回は第2回です。前回の記事はこちら

 今は、関西を中心に、愛知県から西側、中国四国までを担当しています。関西は工場があり、調達部門や生産技術部門が集まっているので、弊社にとっては大切なエリアです。特に、京都・大阪・奈良の県境にある“けいはんな”地区には研究施設、瀬戸内コンビナートには工場と研究所が多く、試作品製作を得意とする企業や低コストでの調達を得意とする企業が多いのも特徴ですね。

 私はリンカーズの“営業役”で、主に技術パートナーを探していらっしゃる企業を回っています。こうした顧客企業から案件をいただくと、探索シートを作成して全国のコーディネーターから候補企業を募ります。そして、候補企業の持つ技術の詳細や条件などを確認する質問の回答を回収し、顧客企業と候補企業への面談へとつなげます。

 初めての担当は、生産リードタイムの短縮に貢献する金型メーカーを探すことでした。各地のコーディネーターと連携して探索するのですが、顧客企業に提案できる企業の集まりが悪い。自分もヒアリングの電話をかけて回答を集め、例え、マッチングが成功しなくても顧客企業の役に立つ情報を提供できるようにと手を尽くしました。結果、その案件にお応えできただけでなく、リピートのご相談もいただくことができました。リピートをいただけるということは、顧客企業にとっても本当に役立てたという証。難航したこともあり、本当にうれしかったです。

 現職について、驚いたのは会う人の数ですね!先日も異業種交流会でブースを構え、30人近くの方から「リンカーズさんですよね!」とお声掛け頂き、名刺交換させていただきました。この1年で、関西でのリンカーズの知名度が上がってきたことを感じます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!