日経コミュニケーション2015年11月号pp.52-58の5Gのすべて「アプリのエンドツーエンドで品質確保、無線区間の遅延目標は1ミリ秒」を分割転載した後編です 。前回はこちら

「5Gのすべて」は、日本の5G(第5世代移動通信システム)を推進する5GMF(第5世代モバイル推進フォーラム)のキーパーソンがリレー形式で執筆する連載コラムである。日本を含めた世界の動向を、研究開発や標準化、ユースケース、アプリケーションといった様々な観点から解説する。今回は、ネットワークのソフトウエア化技術やモバイルフロントホール/モバイルバックホール技術、モバイルエッジコンピューティングなどを紹介する。

 5GMFのネットワーク委員会では、5Gの実現に向けた有線ネットワークの技術課題に関する4つのフォーカスエリアを挙げて、テクノロジーロードマップを策定している(図4)。「ネットワークのソフトウエア化技術」「モバイルフロントホール/モバイルバックホール技術」「モバイルエッジコンピューティングの活用技術」「ネットワーク管理/オーケストレーション技術」──である。

図4 ネットワーク技術のフォーカスエリア
5GMFのネットワーク委員会は有線ネットワークの技術課題に関する4つのフォーカスエリアを挙げ、テクノロジーロードマップを作成している。
[画像のクリックで拡大表示]

 ここからは各フォーカスエリアの取り組みを紹介する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら