スウェーデン政府が進める次世代交通の施策「Drive Sweden」プロジェクトマネージャーが、米交通運輸研究会議(TRB)が主催するシンポジウム「AUVSI Automated Vehicles Symposium2017」(2017年7月11日~13日、米カリフォルニア州サンフランシスコ)で講演し、Drive Swedenの進捗状況について説明した。

Drive Swedenにおけるクラウドを使った自動運転車のトラフィックコントロールの資料
[画像のクリックで拡大表示]

 Drive Swedenはスウェーデンのエネルギー省などが予算を計上する国家プロジェクト。その中心が自動運転で、Volvo社が2017年第4四半期から行う予定の自動運転実証実験「Drive me」が代表例として知られている。今回はVolvo社以外の取り組み事例も紹介された。

 現在、スウェーデン国内に本社機能を持つ自動車メーカーは、乗用車分野ではVolvo社のみで、大型トラックの分野ではVolvo社とSCANIA社の2社。また近年は、EVや自動運転技術に特化したベンチャー企業の動きが活発化しており、中国の東風汽車がSaab社の乗用車部門を買収して設立したNational Electric Vehicle Sweden (NEVS)や、吉利汽車が設立したLynk & Coが量産に向けた最終準備段階に入っている。

 今回紹介された実証試験のなかで、シンポジウム参加者が強い興味を持った事案がいくつかあった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら