[画像のクリックで拡大表示]
高収益化支援家、弁理士 中村大介
 2018年となって最初のコラムとなります。今年もどうぞよろしくお願いします。年明け早々ではありますが、年度末まで後3カ月弱ですね。そろそろ来年度の計画を考える時期だと思います。株式市場では空前の株高とは言え、ものづくりの会社は浮かれてはいられません。しっかりと計画してください。

 来年度と言えば、先般、おめでたい話を耳にしました。

 「中村さん、来年度の受注が全て確定しましたよ」。クライアントの社長の言葉です。新聞紙上で世間は景気が良いということは聞いていましたが、まさか来年度の受注が全て決まるとは! これには私も大変驚きました。早速、「おめでとうございます」と伝えると、なぜか社長は渋い表情だったのです。

 普通、来年度の受注が決まれば諸手を挙げて喜んでも良さそうなもの。理由を聞くと、「実は、非常に利益率が低いのです」とのことでした。その利益率を聞くと、正にギリギリという印象の数字でした。社長の渋い表情の原因は、受注が確定した安堵感に、低い利益得率による何とも言えない複雑な感覚だったのかもしれません。

 詳しく聞くと、受注した全体規模は今年度の受注よりもさらに巨額。来年度どころか再来年度までが決まってしまうくらいの数字でした。そのため、今年度と比較して増収が見込めそうとのことでした。しかし、見積もり段階での粗利額から計算すると、来年度は減益ということでした。なんと増収「減益」だったのです。

[画像のクリックで拡大表示]