記事一覧

渡辺史敏の「米スポーツ産業ヘッドライン」

VR/ARやドローン…テクノロジーが生む新スポーツ

2018/05/16 05:00

渡辺 史敏=ジャーナリスト

 統一団体の設立や高額賞金大会開催の可否を巡る議論など、日本でも話題になることが増えてきたeスポーツ。その一方でまだ定義が固まっていないものの、テクノロジーを使った新たなスポーツ分野が生まれつつある。「Vスポーツ」だ。

 Vスポーツの定義は現在、大きく2つある。1つはVR(仮想現実)を使ったスポーツだ。VRについても専門施設や「PlayStation VR(PSVR)」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)、簡易ゴーグルの販売など、身近なものとなりつつある。

 そんなVRは野球の投球やアメリカンフットボールの選手の動きを全球映像で体験することがトレーニングに取り入れられるなど、実はスポーツとの親和性が高い。カーリングやアーチェリーなどを疑似体験できるアトラクションも登場している。またエンターテイメント施設では、チーム制のシューティング対決やアニメ「ドラゴンボール」に登場するかめはめ波の撃ち合いといった対決型のアトラクションが人気だ。

 こうしたこともあってVR映像による仮想空間の中で、身体を使う物理的なスポーツ向けソフトを開発する動きが出ている。例えば米10ANTHILLが販売する「Racket Fury: Table Tennis VR」はVRを活用した卓球ゲームソフトだ。現在、米HTCのVR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「VIVE」と韓国サムスン電子のHMD「Gear VR」に対応しており、プレーヤーはロボットになって様々なVR空間で卓球を楽しめる。ゲームのキャラクターを相手にするだけでなく、オンライン対戦も可能だ。

米10ANTHILLが販売するVR卓球ゲーム「Racket Fury: Table Tennis VR」
(図:10ANTHILL)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、米CCPはPSVRや米オキュラスのHMD「Rift」向けにドッジボールを基にしたVRゲームソフト「Sparc」を開発・販売している。「SparcはVスポーツだ」と謳うこのゲームは、VR空間内で、対戦相手と映像のボールを投げ合い、相手にぶつけたり、ブロックしたりして競うものだ。

米CCPが開発した、ドッジボールを基にしたVRゲームソフト「Sparc」
(図:CCP)
[画像のクリックで拡大表示]

 身体の各所に着けるセンサーなども増えており、今後このようなVRスポーツソフトや競技は増えそうである。伝説的ゲームメーカーのATARIを創業したノーラン・ブッシュネル氏が創設した米Modal VRは、300m四方という広大なフィールドを10名のプレーヤーが走り回ることができるVRシステムを開発しており、この分野で期待されている。