■プラスエンジニアリング株式会社の概要
【創業】1974年
【資本金】6000万円
【代表】代表取締役社長 鈴木 重人
【社員数】110人
【住所】宮城県柴田郡村田町大字村田字西ヶ丘21(工場)
【得意な微細加工】超硬への各種精密加工、精密放電加工、
   ガラス・セラミックなどへの超音波援用加工 他

年間1万5000種類以上の多品種少量生産

 本社を東京都池袋、メイン工場を宮城県・村田町に持つプラスエンジニアリング株式会社は、100台を超えるNC・汎用加工機を保有し、年間1万5000種類の多品種少量生産を可能とする生産体制をとっています。

 同社が得意とするのは、電子部品(半導体・コンデンサーなど)や電池の製造プロセスで使用されるさまざまな部品、例えばノズル・カッター・ピン・ヒートコマ・シュート・パンチ・ダイ・ツメ・巻き芯といった部品です。こうした部品は、日々進化が求められています。

図1 プラスエンジニアリングの加工事例
超硬ノズル 穴径⌀0.15±0.01mm 深さ1.5mm、細穴放電仕上げ、先端鏡面仕上げ
[画像のクリックで拡大表示]
超硬コレット 穴径⌀0.06±0.01mm 深さ1.5mm、細穴放電仕上げ
[画像のクリックで拡大表示]
カッター
[画像のクリックで拡大表示]
ピン
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!