現在、IIC Security Working Groupでは「Industrial Internet Security Framework(IISF)」のドラフト版が完成し、標準化リエゾン団体およびワーキンググループメンバーによる最終レビューのために配布されています。技術文書(Technical Paper)としてのIISFは4つの部分からなり、(1)背景、(2)Business Viewpoint、(3)Functional/Implementation Viewpoint、(4)セキュリティーに関する標準規格のまとめ、という構成となっています。一般へのリリースはIICのSteering Committeeの承認後になります。今回は、そのプレビューで示された文書の大枠をご紹介します。グローバルで推進されている各国のIoT推進団体や標準化団体との連携に関しても、前回の本コラムからアップデートがありましたので、追加情報をお知らせします。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!