ワールドテック 代表取締役、元デンソー設計開発者 寺倉 修 氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「国内やインドといった得意の市場でも、伝統的な良品廉価のクルマづくりだけでは独立企業として行き詰まる」──。スズキを率いる会長の鈴木修氏の危機感を隠さない言葉が印象に残る。2016年10月12日、トヨタ自動車とスズキが業務提携すると発表した。年々厳しくなる環境規制や自動運転などの新技術に対応するには1社だけでは限界がある。両社が手を組んだ背景には、こうした理由があると報道されている。

 鈴木会長の言葉からは、「新しい技術への取り組み」と「従来から培ってきた車載品質へのこだわり」が共に大切であるというメッセージが伝わってくる。スズキは、進化する環境技術や自動運転などの安全・情報技術への取り組みに向けて、大きな一歩を踏み出した。今後はこうした新技術と良品廉価なものづくりの力を融合させていくことだろう。

 実は、この取り組みには設計力の要素の1つである「風土・土壌」が大切となってくる。なぜなら、新しいことへ挑戦する意欲、いわゆる「変革のWAY」と、品質やコストへのこだわり、すなわち「守るべきWAY」を両立させるためには、しかるべき風土や土壌が備わっている必要があるからだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!