ディスプレーの国際カンファレンス「Display Innovation CHINA 2017/Beijing Summit」(2017年10月16~17日、中国・北京)の2日目は、ディスプレー製造に関わる製造装置メーカーと部品・材料メーカーが数多く登壇した。現在のディスプレー業界は「フレキシブル有機EL」の話題一色の様相である。そこで、有機EL関連の部材に関して今後の期待度が高かった2件の内容を紹介する。1つは、JXTGエネルギーの有機ELディスプレー向け反射防止フィルム。もう1つは、中国Kangde Xin Composite Material社(KDX、康得新)の封止フィルムである。

ナノインプリントによる第3世代の反射防止位相差板

 JXTGエネルギー 機能材カンパニー 機能材事業化推進副部長の西村涼氏は、有機ELディスプレー用の反射防止材料として、ナノインプリント技術を使った新しい位相差フィルムの詳細について講演した(図1)。

図1 ナノインプリント技術を使った反射防止フィルムの特徴
左上はフレキシブル有機ELの反射防止膜に要求される特性。右上は位相差板の進化。表中の第3世代が今回発表の技術。左下は波長分散特性と反射光による黒画面の低下の関係。右下は各種の位相差フィルムの特性。この図の左下に示す今回の技術の物が理想線に一番近い特性を示している。講演内容を筆者が整理した。
[画像のクリックで拡大表示]

 この位相差フィルムは、ナノインプリントで微細構造を変化させるだけで波長分散を自由に設計できる。有機ELの反射防止フィルムに適用すれば、従来のフィルム技術のように高価な樹脂材料や液晶材料の物性に頼らずに、反射光をカットし、理想に近い黒表示を得られる。視野角特性も優れ、フィルム枚数も1枚で済むため、薄型化が可能である(図2)。JXTGエネルギーは、会場に設けられた展示コーナーで、この技術を展示した(図3)。

図2 JXTGエネルギーの位相差フィルムの特徴を他技術と比較した表
右は講演する西村氏。
[画像のクリックで拡大表示]
図3 JXTGエネルギーの展示ブースでのデモ
左側が、今回発表した有機EL反射防止フィルム向けのナノインプリント技術。理想に近い黒表示が得られた。右側の従来のものでは、画面が青みがかっている。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら