1. はじめに

 アジア最大級のディスプレー国際会議「24th International Display Workshops(IDW '17)」が、2017年12月6日から8日にかけて仙台国際センターで開催された。同会場でIDWが開催されるのは1999年以来、今回が2度目である。IDW '17では、3件の基調講演、125件の招待発表、139件の口頭発表、93件のレイトニュースおよび195件のポスター発表があった。発表は19の国と地域からあり、国・地域別の比率は、日本から55%、中国から13%、台湾から12%、韓国から10%だった。

 本コラムでは、筆者が興味を持った講演について順に紹介する。第1回は、シャープによる「自己配向技術」に関する次の論文を取り上げる(論文番号LCT5-1)。

  • M. Mizusaki, H. Tsuchiya, K. Minoura, “Homogeneous Self-Alignment Technology without Using Conventional Alignment Layer Materials”

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら