1. はじめに

 応用物理学会関西支部セミナーが、2018年1月6日に大阪市立大学 学術情報センターで開催された。今回のテーマは「光機能の新展開」。実用化が始まった有機ELデバイスの新展開として、新規な熱活性化遅延蛍光材料の有機合成、理論、光物性、有機ELデバイスの動作機構解析、デバイス応用の分野で活躍されている研究者を講師に招き、有機ELデバイスの基礎的な理解を目指して企画された。

 本コラムでは、5つの講演の中から筆者が興味を持ったものを順次紹介する。第1回目は、京都大学 化学研究所 教授の梶弘典氏の講演「有機ELデバイス -基礎科学と高機能化―」を取り上げる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら