aiboの骨格に相当するマグネシウム合金のフレームに後脚を取り付けた。続いて、背中部分の作業に取りかかる。注目は、ソニーがaibo向けに新たに開発した感圧・静電容量式タッチセンサーである。

しっぽの土台はグラスファイバー入り樹脂

aiboのボディ背中部分に取り付けるしっぽユニット
荒木氏が手に持っているのが、尾を動かす2軸(「上下」と「回転」)のアクチュエーターや同アクチュエーター向けドライバー基板を樹脂フレームに一体にしたユニット。同基板には、モータードライバーやマイコンなどが実装されている。しっぽの土台をはじめとする体中の様々な部位で採用した樹脂フレームには、グラスファイバーやカーボンファイバーを含ませた剛性が高い樹脂を使っている。
[画像のクリックで拡大表示]
しっぽユニットを背中に取り付け
[画像のクリックで拡大表示]
しっぽユニットの配線
ユニット上の小型基板のコネクターにフレキシブル基板を差し込む
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら