aiboの「あご」の組み立ては後半に入る。前回組み立てた下顎のユニットに外装部品を取り付ける。この外装がaiboの頭の下半分になる。実はこの部分には非対称の位置に4つのマイクが組み込まれている。このようにして音声が来る方向を3次元で認識し、aiboに呼びかける飼い主の声を識別する。

aiboの頭の下半分になる外装部品
内側に音声認識用のマイクが搭載されている。透明な樹脂が覗く青色の箇所がマイク搭載部。写真の右側がaiboの頭の正面側にあたる。つまり、aiboでは頭の左側に2個、右側に1個のマイクがある。この3個のマイクの上方に、もう1個マイクがあり、合計4個搭載している。4個のマイクで、音声が来る方向を3次元で認識できるという。
[画像のクリックで拡大表示]
マイクを内蔵した外装部品を下あごのユニットに取り付ける
下あごユニットが構造部品を兼ねる構成になっている
[画像のクリックで拡大表示]
外装部品と下あごユニットをネジで固定
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら