さぁショウの始まりです! バラバラの部品からaiboを1体、組み立てる。日経テクノロジーオンライン分解班ならぬ「組み立て班」の新たな挑戦が始まる。とはいえ、分解より組み立てははるかに難しい。そこでソニーの中の人に協力をお願いすることにした。開発チームから推薦を受けてこの難作業を引き受けていただいたのは、開発チームで最もaiboの組み立てに長けているという噂の荒木拓真氏(ソニー 事業開発プラットフォーム AIロボティクスビジネスグループ SR事業室 商品開発グループ)である。

今回の組み立て実演をお願いしたソニーのaibo開発チームのメンバー
左から事業開発プラットフォーム AIロボティクスビジネスグループ SR事業室 商品開発グループの荒木拓真氏(組み立て作業を担当)と石橋秀則氏、AIロボティックスビジネスグループ 商品企画部 統括部長の松井直哉氏(写真:加藤 康、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

バラバラaiboはきれいに整理されて登場した

組み立てる前のaibo
時間の節約のために一部の部品は組み立て済みになっている。例えば、前脚や左後ろ脚である。ボディー内の基板や頭部の基板なども既に実装済みである。
[画像のクリックで拡大表示]
各部材はトレーに、ネジのような小さな部品は樹脂カップに入れている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら