写真の右下にあるのが「DRIVE MODE」ボタン
写真の右下にあるのが「DRIVE MODE」ボタン
[画像のクリックで拡大表示]

 日産自動車が小型車「ノート」に新たに追加した新電動パワートレーン「e-POWER」を搭載したモデル。その新モデルに試乗してきました。

 乗ってみて最初に感じたのは、モーター駆動ならではの発進加速の良さです。アクセルを半分くらい踏み込むだけでぐっと加速します。しかも、アクセルを踏み込めば踏み込むほどリニアに加速感が増す感覚で、まさに電気自動車(EV)と同じ加速フィーリングです。同社が、シリーズ・ハイブリッド方式のハイブリッド車(HEV)であるノートのe-POWER搭載車を、HEVとは言わずに「EVの新しいカタチ」と呼びたがる気持ちも分からなくもありません。

 もっとも、こうした加速フィーリングはEVに共通のもので、e-POWERならではのものではありません。e-POWERの新しさは、実は加速フィーリングよりもアクセルペダルだけである程度運転が可能なワンペダル感覚の運転にあるといえそうです。

 「シフトをDポジションに入れ、このボタンを1回押すとSモード、もう1回押すとECOモードになります」。試乗車に乗り込んで説明員から最初に説明を受けたのが、その「DRIVE MODE」ボタンです。「試乗コースは短いですので、早めにSモードやECOモードに切り替えてみてください」というアドバイスに従い、NORMALモードは早々に切り上げ、すぐにSモードにしました。そのときの感想が、実は前述のものです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!