バイタルサインセンシング技術に関する特許分析と事業化動向【Part.1 日本特許編】

2015/06/30 16:14

CD-ROMセットも同時発売!
本編PDFと、より詳細な特許データを収めたExcelを収録

キャップインターナショナル 発行
【レポート】A4判 289ページ
【CD-ROM】1枚〔特許データ(Excelファイル)、レポートの内容をPDFで収録〕

レポートのみ:本体120,000円+税
レポート+CD-ROMセット:本体180,000円+税
発売元:日経BP社
発行日:2015/8/7
※本商品はお取り寄せ商品につき、発送までに1週間程度かかります。

携帯、ウエアラブル、車載の市場が立ち上がる!
特許動向から今後を展望。

本書は、心拍/脈拍測定、血圧測定、心電測定、血中酸素測定の4つのバイタルサイン(生命兆候)測定に関する特許出願について、特にその日常シーンでの活用に注目し、携帯機器、ウェアラブル機器、ワイヤレス機器、ネットワーク、クラウド、健康管理、生活応用などに関連するものを抽出・解析したものです。

日常シーンにおけるバイタルサインセンシングの活用は、現在急速に開発が進んでおり、社会的にも大きなテーマであるとともに、技術面でもビジネス面でも急成長が見込まれる分野です。

本書の目的は、日常生活からスポーツ、自動車の運転、睡眠、入浴など生活のあらゆる局面で、健常者からスポーツ/作業従事者、生活習慣病患者および予備軍、高齢者、在宅患者などきわめて幅広い人々に役立つバイタルサインセンシングに関する特許出願を抽出・分析し、その発展状況、注目すべき技術、主要な出願人を明らかにすることです。

【本書のコンセプト】
本書では、心拍/脈拍測定、血圧測定、心電測定、血中酸素測定の4つのバイタルサインセンシングについて、日本特許庁(JPO)の特許データベース(J-PlatPat)を使用し、公開特許、公表特許、再公表特許を検索。得られた特許文献を精読し、5つの解析軸から分析を行っています。

検索した期間は、2000年1月1日~2014年12月31日までで、この間に出願および公開公報が発行された特許を対象としています。

【Part.1 日本特許編】

★【Part.2 米国特許編】
スポーツ/ヘルスケア大国を支える
バイタルサインセンシング技術の発展を特許動向から展望!
詳細・お求めはこちら

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング