お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。

SiC/GaNデバイスの製品出荷も進み、その応用製品開発が加速しています。SiC/GaNをデバイス製品に適用した際のメリットとして「低損失化」や「高周波化」が言われますが、エンドユーザから見たメリットは必ずしもそこではありません。割高なデバイスに対する最終製品での付加価値創生が鍵になっています。

そこで本講演では、いくつかのアプリケーションを例に、SiC/GaNデバイス適用による製品付加価値創生のポイントを説明します。はじめに、太陽光発電用パワーコンディショナ(PCS)への適用事例を述べます。SiC/GaNデバイス適用では、効率改善に価値があると思われがちですが、実は強制空冷から自然空冷へ変更し対環境性や保守性を改善することに価値があります。また、デバイス変更によるインバータ部の自然空冷化は容易ですが、付属するリアクトルからの発熱が抑制されない限り筐体から冷却ファンを取り除くことはできません。このように、PCSではSiC/GaNデバイスのほかリアクトルも平行して開発しなければ付加価値は生まれません。続いて、ワールドワイド入力PFCコンバータへの適用事例について述べます。SiC/GaNデバイス適用による効率改善や1MHz越えのスイッチング周波数による装置の小型化が期待されていますが、実際には期待するほど効率の改善は少なく、小型化もしません。講義ではその理由を解説します。

最後に、SiC/GaNデバイスをリニアデバイスとして活用することで付加価値が出る例として、ハイエンドオーディオへの適用事例について述べます。SiC/GaNデバイスは帰還容量が少なく増幅回路を広帯域化しやすいメリットがあります。この結果、従来にない音の立ち上がりを得ることができます。会場でデモ実演を行い、音楽が持つ強烈なエネルギー感を披露します。

【受講効果】
  • SiC/GaNデバイス適用による製品付加価値創生ポイント
  • SiC/GaNデバイスのリニア素子としての利用法

講師紹介

齊藤 真 氏 (さいとう まこと)

芝浦工業大学工学部 電気工学科  講師

2002年 東京都立大学大学院 工学研究科博士課程修了、2007年から現職。一貫して、パワー・エレクトロニクス回路の研究開発に従事。企業などからの受託案件を中心に、インバータ回路などの新規考案、設計、試作および評価を年間20件以上行っている。

概要

日時:2015年07月30日(木)13:00~17:00(開場12:30)予定
会場:化学会館 5F(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

受講料(税込み)

  • 一般価格54,000円
  • 読者価格43,200円
  • 一般価格
    一般価格には「日経エレクトロニクス購読(最新号1冊+1年12冊)」が含まれます。 ご送本開始は開催後になります。
  • 読者価格
    「日経エレクトロニクス」「日経ものづくり」「日経Automotive」定期購読者(いずれも「日経テクノロジーオンライン有料会員セット」での購読を含む)、「日経テクノロジーオンライン」有料年間購読者は、「読者価格」でお申し込みいただけます。
  • 「日経エレクトロニクスPremium」定期購読者は、「Premium読者価格」(一般価格の50%割引)で受講いただけます。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※一般価格に含む「日経エレクトロニクス購読」を登録させていただく方には、無料メルマガ「日経エレクトロニクスニュース」を配信設定いたします。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

13:00 - 17:00

(1)SiC/GaNデバイスの製品開発動向

(2)10kW産業用パワーコンディショナへのSiC-MOSFET適用事例

 (2-1)適用方法と諸特性
 (2-2)期待される製品付加価値

(3)ワールドワイド入力PCSコンバータへのSiC/GaNデバイス適用事例

 (3-1)適用方法と諸特性
 (3-2)期待される製品付加価値

(4)ハイエンドオーディオ機器へのSiC/GaNデバイス適用事例

 (4-1)適用方法と諸特性
 (4-2)期待される製品付加価値
 (4-3)デモ実演
(音源:Wadia861+アンプ:GaN/SiC応用開発品+スピーカ:JBL2225H+2441+075)

  • ※途中、午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員:
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。