著者| 竹内 健 中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 教授
図1 各種メモリのアクセス時間
図1 各種メモリのアクセス時間

 NANDフラッシュ・メモリの応用製品は、従来のスマートフォンやタブレット端末といった携帯端末やパソコンから、データセンターのストレージに移行する。“ビッグデータ”と呼ばれるように、人に加えて、実世界の多様な情報(Internet of Things:機器や機械の挙動、位置・移動、購買、医療・健康、気温・湿度などの情報)がネットワーク上を行き交うようになり、情報量は爆発的に増大する。現在のインターネットを用いたITサービスに欠けているのは、“時間の概念”である。インターネット上に、ありとあらゆる情報が蓄積されるようになったにもかかわらず、検索結果を時間軸で並べ替えることさえできない。

図2 不揮発性メモリの容量トレンド
[画像のクリックで拡大表示]

 今後は、さまざまなデータベースを基に、リアルタイムに情報を処理するニーズが高まる。リアルタイムのデータ処理を実現する上でボトルネックになっているのが、ストレージ(HDDやフラッシュ・メモリ)へのアクセス性能の低さである(図1)。抵抗変化型メモリ(ReRAM)や磁気メモリ(MRAM)、相変化メモリ(PRAM)、強誘電体メモリ(FeRAM)といったストレージ・クラス・メモリ(SCM)は、ストレージとDRAMの間の性能ギャップを埋める。フラッシュ・メモリやストレージ・クラス・メモリを積極的に活用することでストレージのアクセス・ボトルネックを解消し、高速でリアルタイム性に優れたビッグデータのサービスが実現すると期待される。以下では、実用化レベルにまで開発が進んできたストレージ・クラス・メモリのアプリケーションについて述べる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら