英ARM社は、CPUコア「ARM Cortex-M」と組み合わせて使う周辺IPコアのパッケージとして「ARM IoT subsystem for ARM Cortex-M processors」を発表した。無線機能付きのCortex-Mベースマイコン(SoC)を短期間にかつ確実に開発することを狙う。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!