IoTノード用ICモジュールを富士通が提供へ

2015/05/12 09:58
中道 理
富士通は2015年12月からBluetooth Smart(Bluetooth Low Energy、BLE)の通信機能や各種センサーを備えたICパッケージ「ユビキタスウェア『コアモジュール』」の出荷を始めることを、2015年5月11日に明らかにした。同モジュールを製品に組み込めば、センシング情報を意味のある情報にして出力し、この情報をクラウドで収集・サービス提供するIoTシステムを簡単に構築できるようになるという。コアモジュールは「富士通製のスマートフォンやタブレット端末に搭載してきたヒューマンセントリックエンジンをIoTノード用に切り出したもの」(富士通)といえる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング