トヨタ自動車が、低燃費に優れる新しいガソリンエンジンを開発していることが明らかになった。セグメントをまたぐ部品の共通化を踏まえた設計思想(モジュラー設計)「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」に対応した新型プラットフォームに搭載する計画のガソリンエンジンだ。最大熱効率は40%以上。量産タイプの自動車用ガソリンエンジンとして「世界最高」(同社の技術者)となる見込み。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!