オムロンとJINSがヘルスケア分野で共同開発プロジェクト

「JINS MEME」の拡張型デバイスを2016年春に商品化

2015/01/07 17:41
近藤 寿成=スプール
オムロンとJINSの共同プロジェクトのイメージ画面
オムロンとJINSの共同プロジェクトのイメージ画面
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 オムロン ヘルスケアとメガネチェーン店「JINS」を運営するジェイアイエヌは2015年1月7日、センシングアイウエア「JINS MEME(ジンズ ミーム)」(関連記事)をプラットフォームとする新ソリューションの開発に向けた共同プロジェクトの発足を発表した。

 本プロジェクトは、2015年秋に発売を予定するJINS MEMEにオムロンの生体計測・解析技術を応用し、JINS MEMEをプラットフォームとする拡張型デバイスの共同開発を進めていくというもの。拡大が予想されるヘルスケア市場のセンシングニーズに対応するためとしており、2016年春の商品化を目指す。

 JINS MEMEは、「自分を見る」をコンセプトに開発された世界初をうたうセンシングアイウエア。独自開発の3点式眼電位センサーと6軸センサーを内蔵し、眠気や集中度、身体バランスなどの生体データを取得できる。開発段階から他のセンシングデバイスとの連動を見据えており、機能拡張にも対応した設計となっている。

■変更履歴
記事初出時、第1段落で「2014年1月7日」としていたのは正しくは「2015年1月7日」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング